【Postman】テストコードを書いてみる

PCにインストールされたまま数年放置されていたPostmanを触ってみたのでメモ…(*’▽’)
環境変数やらインポートとかの基本的な機能はInsomniaと余り変わらない(気がするので)省略します。


テストコードを書ける

「Tests」タブが目に入ったので調べてみるとテストコードを書けるみたいでした。
なので【Insomnia】APIの動作確認ツールでも利用させていただいた「デ辞蔵Webサービス」で動作確認してみました。

テストコード

HTTPステータスコードと取得したXMLから
検索件数を確認する2件のテストパターンを書いてみました。

pm.test("response is 200", function () {
    pm.response.to.have.status(200);
});

pm.test("取得件数:2件", function () {
    var jsonObject = xml2Json(responseBody);
    pm.expect(jsonObject.SearchDicItemResult.TotalHitCount).to.eql("2");
});

レスポンス

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<SearchDicItemResult xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns="http://btonic.est.co.jp/NetDic/NetDicV09">
    <ErrorMessage />
    <TotalHitCount>2</TotalHitCount>
    <ItemCount>2</ItemCount>
    <TitleList>
        <DicItemTitle>
            <ItemID>026549</ItemID>
            <LocID />
            <Title>
                <span class="NetDicTitle" xmlns="">morrow</span>
            </Title>
        </DicItemTitle>
        <DicItemTitle>
            <ItemID>042074</ItemID>
            <LocID />
            <Title>
                <span class="NetDicTitle" xmlns="">tomorrow</span>
            </Title>
        </DicItemTitle>
    </TitleList>
</SearchDicItemResult>

実行結果

期待通りだったので「PASS」と表示されています。
(´-`).。oO(失敗パターンのキャプチャ忘れた…


【おまけ】ヘッダーのプリセットを登録できる

ヘッダーについてプリセットを複数登録できるので
入力する手間が省けるのが便利で良かったです…

プリセット登録

プリセット反映

登録したプリセットをクリックするだけで、反映されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください