【ColdFusion】AJAXデバッグログウィンドウの使い方

ColdFusion Administratorで「AJAXデバッグログウィンドウの有効化」という項目があったのですが、
有効にしたことがなかったので色々といじってみました。

まぁ、正直ブラウザのツールを使った方が色々と捗ります。

設定項目

設定画面で下記の項目にチェックを付けます。

URLパラメータ

URLでパラメータcfdebug=trueを設定します。

表示結果

画面の右上にAjaxの実行結果などを下記の通りに表示してくれます。

あとはconsole.log()的なことも可能でcfajaximportタグを使用しているページであれば、
下記のJavaScript関数が使用できます。

関数名 用途
ColdFusion.Log.Dump cfdumpと同じ感じに使用できる
ColdFusion.Log.Debug よくわからない
ColdFusion.Log.Error よくわからない
ColdFusion.Log.Info よくわからない

それぞれの関数に対してオブジェクトを渡してみた結果です。
使えてdumpぐらいかなーっと。他のものについてはログレベルが違うだけなのかな…?

表示されない場合

ColdFusion2016でUpdate3以降の場合は、
表示に必要なファイルが全て削除されています。

どうやらデバッグ表示に利用していたYUIについては非推奨になり、
管理画面に項目を残したままファイルを削除してるらしいです。
参考:非推奨の機能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください