【C#】Visual Studio 2019 for Macを触ってみた

平成も終わりなので何となくVisual Studio 2019 for Macを触ってみました(*’▽’)

新規プロジェクト画面

作成できるものは結構違いますが、
基本的なUIはWindowsと同じみたいです。

今回は何となく.NET Frameworkのコンソールアプリを触ってみました。


エディタ

これも基本的な仕様はWindowsと同じでした。
色とかフォントはやっぱりMacの方が好きですね。

左にあるツールボックスにはスニペット一覧やクリップボード履歴がありました。


ドキュメントコメントにも勿論対応していました。


Windowsと異なる点

エラーメッセージの表示位置

Windowsではエラー一覧という別ウィンドウにまとめて表示されますが、
Macだとエラー行の右側に表示されます。
赤背景に白文字なので目が痛い(;´Д`)


ショートカット

基本的なショートカットキーが結構異なっていたので途中で飽きて試すのをやめましたが…
「⌘ + /」でコメントアウトできたのが便利でした。
※Windowsだと「Ctrl + k」→「Ctrl + c」なのでメンドクサイ


デバッグ

ブレークポイントも勿論使えて、
実行結果をコンソール画面で確認できます。

サンプルコード

何となく元号関連のコードです。

実行結果

明日からも平成みたいです(*’▽’)


数年前にmonoってやつを使えばMacでもC#プログラミングができる!ってので
色々と試していましたが、簡単なコードを実行するまでにかなり時間がかかりましたし…
思っていたものと全然違ってましたが…
もうMacでも簡単にC#コーディングできるようになったんだなぁ…🐡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください