【ColdFusion】ファイルの圧縮方法について

ColdFusionでのZIPファイルの作成、解凍、一覧取得の方法ついて紹介します。

やり方は簡単でcfzipを使うだけです。

<cfscript>
    // Zipファイル出力先パス
    outputZipPathName = "hogehoge";
    // Zipファイル作成元パス
    sourceZipPathName = "hogehoge";
    // Zipファイル解凍先パス
    unZipPathName     = "hogehoge";

    // 処理開始
    try {
        // 指定したファイルを圧縮する
        cfzip(file="#outputZipPathName#") {
            cfzipparam(source="#sourceZipPathName#", filter="*.*");
            // 複数のフォルダから取得する場合は「cfzipparam」をここに追記する。
        }
        WriteOutput("Zipファイルを作成しました。");

        // Zipファイル内のファイル一覧を取得する
        cfzip(file="#outputZipPathName#", action="list", name="entry");
        WriteDump(entry);

        // Zipファイルを解答する
        cfzip(file="#outputZipPathName#", action="unzip", destination="#unZipPathName#");
        WriteOutput("Zipファイルを解凍しました。");
    } catch(any e) {
        // 例外発生時
        WriteOutput("Error: " & e.message);
    }
</cfscript>

cfscriptの方が書きやすいんだよな…(:3_ヽ)_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください