【CentOS】6から8へ環境移行したら色々と変わってた

CentOS6のサポートが11月30日で終了になることやPHPのバージョンが古いまま放置されていたので、
思い切って環境をまるごと新環境へ移行しましたが、コマンドが色々と変わっていたのでびぼーろく記事です。
※7、8で追加されたことをごちゃ混ぜに紹介しています。


パッケージ管理システムがyumからdnfへ

yum(ヤム)コマンドが廃止されdnfコマンドへと切り替わりました。
dnfって何の略だと思って調べてみると「Dandified Yum(ダンディファイド ヤム)」の略らしいです。
(´-`).。oO(しゃれこんだ、ダンディーなヤムってことなんでしょうか…?

利用例

基本的な利用方法はyumと大きく変わっていないので安心です。
(問題があるとしたらdnfってなんて読めばいいのかって点ですね…。)

ちなみにyumと入力しても利用はできますが、実際はdnfコマンドを呼び出しているので
今後のバージョンで使えなくなるかもしれませんね。


ネットワーク状態確認コマンドがnetstatからssへ

こっちはnetstatって入力しても「command not found」って怒られます。
ssは「socket statistics」の略みたいですね。

利用例

こちらも利用方法は大きくかわっていないので、安心です。


サービス制御/管理コマンドがchkconfigからsystemctlへ

サービスのシステム起動時の挙動設定を行うコマンドですが、
こちらは利用すると以下の通りにsystemctlコマンドを利用するように言われます。

利用例


ファイヤーウォールコマンドがiptablesからfirewall-cmdへ

利用例


他にもちょいちょい変わっている部分があるので気が向いたらまとめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください