【C#】WebView2を利用し、Chromium Edgeに対応させる

以前に紹介したMicrosoft.Toolkit.Forms.UI.Controls.WebViewの後継のパッケージであるWebView2とやらがあるらしいのでその記事です。

【C#】WebBrowserコントロールをEdgeに対応させる

対応方法

NuGetから導入できる「Microsoft.Web.WebView2」という
パッケージを使ってWebViewコントロールを使えば動作ブラウザをEdgeにできるようです。
※ NuGetは.NETでのパッケージマネージャです。


導入方法

ランタイムまたはチャネルインストール

WebView2 ランタイムまたは Microsoft Edge (Chromium) 非安定チャネルのどちらかをインストールする必要があります。

MEMO
WebView2 Windows App SDK, WinUI2, Runtime, and CDP Helper Updates」の記事によるとWindows 11では「WebView2」ランタイムが標準でインストールされているとのことです。

NuGetパッケージマネージャを開く

  1. 導入対象のプロジェクトに対して右クリックをして、「NuGetパッケージの管理」をクリックします。
  2. 以下の画像の通りに「Microsoft.Web.WebView2」で検索し、
    対象のパッケージを選択します。
  3. インストールボタンをクリックします。


使用方法

コントロールを画面に配置するだけです。
Uriプロパティは無くなり、SourceプロパティにURLを設定する必要があります。


動作確認

実行後の画面が↓の通りです。
ブラウザの種類を確認したところ「Microsoft Edge(Chromium) 90.0.818.42」で動作していました。


久々にC#触った気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください