ColdFusionの複数バージョンで動作検証する方法

ローカル環境にて複数バージョンの動作検証をしたかったので備忘録。

事前準備

Dockerのインストールなどは済んでいる前提で進めます…。
基本的なファイル構成は以下の記事の時とほぼ同じで、Docker-compose.ymlを修正するだけの感じなのでそちらを参照してください。

【ColdFusion】Dockerを使って簡単環境構築

Docker-compose.ymlの修正

力技でColdFusion2016、2018、2021の環境立てているだけの簡単なやつです。

version: "3" 
services:
    coldfusion2016: 
        container_name: CFTEST2016
        image: eaps-docker-coldfusion.bintray.io/cf/coldfusion:2016.0.16
        ports:
        - "8501:8500"
        volumes:
        - "./html:/app"
        env_file:
        - coldfusion.env
        networks: 
        - webnet
    coldfusion2018: 
        container_name: CFTEST2018
        image: eaps-docker-coldfusion.bintray.io/cf/coldfusion:2018.0.10
        ports:
        - "8502:8500"
        volumes:
        - "./html:/app"
        env_file:
        - coldfusion.env
        networks: 
        - webnet
    coldfusion2021: 
        container_name: CFTEST2021
        image: eaps-docker-coldfusion.bintray.io/cf/coldfusion:latest-2021
        ports:
        - "8503:8500"
        volumes:
        - "./html:/app"
        env_file:
        - coldfusion.env
        networks: 
        - webnet
networks:
    webnet:

環境立ち上げ

いつものコマンドでコンテナを起動しましょう。

docker-compose up -d

動作確認

試しにindex.cfmを以下のコードに入れて保存すれば、各環境に修正が反映されるはずです。

<cfscript>
    writeDump(Server.coldfusion.productversion);
</cfscript>

各ポート番号にアクセスすると、それぞれ別々のColdFusionで動作していることが確認できます。

ポート8501:CF2016

ポート8502:CF2018

ポート8503:CF2021


それとDocker-compose.ymlのもっと良い書き方があるはず…。
わからないことばかりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください